「 面接で『 残業の有無 』を聞いたら落されてしまった 」「 単身赴任はしたくなかったが、転勤はできないと面接でキッパリ断れなかった 」という悩みを持つ40代の転職者は多いのではないでしょうか?

確かに、何とか書類選考を通過しての面接。できれば優等生モードで自分をよく見せたいという姿勢があるなかで、残業や転勤の質問はしにくいものです。

40歳代以降の転職で、自分に合う会社を見つけるためには企業研究が必要ですが、企業研究や求人要項だけでは分からない項目が必ずあります。

そういう場合は思い切って面接で質問してスッキリしたほうがいいと私は考えています。

しかし、面接で聞きにくい質問をすると印象が悪くなると考えて、質問を躊躇してしまう方が大半なのではないでしょうか?

残業や転勤の質問をする40代は面接で落される?

YUSEI_9V9A5382_TP_V 聞きにくい質問をした40代転職者は面接で落されてるって本当の話か?

確かに「 残業は多いですか? 」と不躾な質問をすれば、残業をしたくない応募者だという印象を与えてしまうでしょう。

また「 転勤がありますか? 」と質問すれば、転勤を拒む応募者だと判断されてしまいます。

しかし、面接官が自社にふさわしい人材かどうかを見極めるように、応募者も自分に合う会社かどうかをチェックすることは重要ではないでしょうか?

労働条件や待遇面の質問は、ダイレクトに聞くのではなく、質問の前に仕事の意欲を意思表示したうえで、質問するように心がけてください。

入社するかどうかは内定後に決めればよいのです。ですから、面接時の質問は企業の実情を聞くだけで、企業の要望には応えられるというスタンスで確認をするのがコツです。ただし、本当に残業や転勤ができないという家庭の事情があるならば、面接時に伝えたうえで判断するのが賢明です。


前職でも残業や休日出勤を積極的に行ってきましたが、御社の残業や休日出勤状況について教えていただけないでしょうか?
可能な限り集中して業務に携わってきましたが、前職では納期が定められており残業が発生していました。御社ではいかがでしょうか?
残業や休日出勤ができるとういう姿勢で質問をしていますので、面接官は応募者の意欲を感じるのです。実態を聞いたうえで入社するかどうかを決めればいいのですから、残業や休日出勤は問題ないという姿勢で質問をするのです。

御社は支店が全国にありますので転勤が発生するかと思います。いかがでしょうか?
転勤は自分自身を成長させるうえでも必要と考えていますが、転勤は頻繁に起こり得ますか?
転勤を否定しないで質問をして、実情を聞いたうえで入社するかどうかを決めてください。転勤がある場合、2次質問で「 転勤は大丈夫でしょうか? 」と聞かれます。

定着率について質問する40代は面接で落される?

YUSEI_9V9A5382_TP_V 聞きにくい質問をした40代転職者は面接で落されてるって本当の話か?

前職が業績不振や倒産で退職している40代以降の退職者の場合、経営状況について知りたいところでしょう。

しかし、いきなり「 貴社の経営状況に問題はありませんか? 」と応募者から直接業績の良し悪しを指摘されると、面接官が不愉快になるのは目に見えています。

「 会社四季報 」やホームページに記載されていれば、その数値から読み取ることができますが、情報が公開されていないため確認をしたいときは、応募企業の優位性を語ったうえで慎重に行ってください。

退職者が多いかどうか確認したいときも、「 退職者はどれぐらいいますか? 」と質問をすると、辞める社員が多いという不信感を持って質問をしているように受け取られてしまいます。同じ質問でも、悪い気をさせずに実態を聞き出すテクニックが必要です。

なお、待遇がよく労働環境が整った会社で働きたい気持ちは重々理解できますが、初任給や現状だけで判断するのではなく、存在価値を見出せる企業かどうかという視点も併せ持ってください。

給与は入社後必要とされる人材になれば、昇給も期待できると考えてください。

定着率の悪い会社であれば、40代の転職者でも十分チャンスがあると考えるべきでしょう。


貴社の商品は、他社と比較をして独自性があり素晴らしいと思いますが、最近の売上状況はいかかでしょうか?
新商品の開発にも力を注いでおられると思いますが、今後の事業展開について差し支えない程度でお聞かせ願えないでしょうか?
商品を褒めたうえで売上について質問すれば、面接官は悪い気はしないものです。今後の事業展開について明快な回答が得られない場合は、経営状況に問題がある可能性があります。

御社は優秀な社員が多いと思いますが、定着率はいかがでしょうか?
若い社員が多く活気がありますね。働きやすい環境課と思いますが、いかがでしょうか?
社員を褒めたうえで、定着率や退職について質問をすると、面接官の本音を聞き出すことができます。定着率が悪いと疑う姿勢ではなく、定着率がいいというスタンスで質問を繰り出すのがテクニックです。

聞きにくい質問をした40代転職者は面接で落される?まとめ

最後に今回の要点についてまとめておきます。

 YUSEI_9V9A5382_TP_V 聞きにくい質問をした40代転職者は面接で落されてるって本当の話か? 聞きにくい質問を可能とするテクニックを学ぶべし
 YUSEI_9V9A5382_TP_V 聞きにくい質問をした40代転職者は面接で落されてるって本当の話か? 残業や転勤の質問をしても面接で落とされるわけではない
 YUSEI_9V9A5382_TP_V 聞きにくい質問をした40代転職者は面接で落されてるって本当の話か? 定着率について質問しても面接で落とされるわけではない

「 物は言いよう 」とはよく言いますが、聞きにくい質問は特に質問を繰り出すテクニックを覚える必要があります。是非実践してみてください。

転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


YUSEI_9V9A5382_TP_V 聞きにくい質問をした40代転職者は面接で落されてるって本当の話か?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事