「 緊張しすぎて、丸暗記した回答が飛んでしまった 」という悲しすぎる中高年の転職者は後を絶ちません。

他に「 考えてきた質問と全然違ったので失敗した 」「 志望動機を回答すると『 子供みたいですね 』って笑われた 」ってパターンが多いですね。

私自身。40代でリストラされて面接を受けまくった時、志望動機を考えるのが苦痛でなりませんでした。何せ志望動機なんて、最初からないんですから。

40代以降の面接では、これまでの職務経験についてほぼ間違いなく質問されます。回答のポイントは携わってきた職務経験をだらだらと答えるのではなく、応募企業で生かせる経験を強調するべきです。

採用される40代の職務経歴の具体的な回答方法とは?

繰り返しになって恐縮ですが、40代以降の転職では、職務経験が長いために焦点が絞れず、面接官にインパクトを与えられない可能性があります。実績や評価を自慢話のように長々と話してしまうことにも注意すべきです。

自信をもって回答することは何ら問題ありませんが、過去の功績を謙虚な姿勢で説明し、長くても1分以内で回答できるよう心がけてください。

職務経歴書の「 職務要約 」を作成した方は、経歴要約をベースに回答してください。経歴要約は、これまでの職務経験から応募企業で生かせる経験を強調して記載しているため、面接官が興味を持つ内容です。面接官は、職務経験が自社で生かせるかどうかをチェックしていきます。

職務経験については面接で最初に聞かれる質問のため、事前に伝えたいポイントを整理して臨むべきです。


これまでの職務経験についてお話しください
大学卒業後、斉藤株式会社で総務職として総務全般、社内規定管理及び車両管理に20年間従事してきました。後方部門での仕事を通じて人事職に就きたいと考え、〇〇へ転職し、人事課長として採用、社内研修、給与計算といった人事業務全般をこなしてきました。採用業務では、年間20名の新卒採用と30名の中途採用を行い、新人研修も担当しました。その他、各部門の業務内容と労働時間を分析し、作業の標準時間を算定し、労働生産性の向上に勤めました。
面接官が興味を持つ実務経験をあらかじめ予測し、協調して説明することで新たな質問を受け、言葉のキャッチボールにつながっていきます。

事務職としての経験が長いようですが?
はい。短大卒業後、株式会社一番で営業事務として4年間従事し、見積書作成、請求書作成の他、電話応対、売上報告書作成等の事務全般に従事しました。その後、結婚のため一旦退職しましたが、4年前より派遣社員として営業事務及び経理事務に従事してきました。現在は、派遣先企業の二番株式会社の経営企画室で、役員会で使用する営業資料などを主に作成しております。
事務職のスペシャリストとして携わった経験を回答していきます。現職が正社員でなくとも、求められている実務経験と合致すれば、面接官は興味を持ってくれるのです。

YUSEI_9V9A5412_TP_V 採用される40代の職務履歴の回答はコレで決まり!

採用される40代の職務経歴での志望動機の回答方法

40代からの転職者ならば、志望動機は「 〇〇をやりたい 」ではなく、「 これまでの経験を生かして、応募企業で貢献していきたい 」という形で回答するのが基本です。たとえば、「 キャリアアップを図りたい 」という志望動機だけでは応募者の問題だと受け取られてしまうため、「 御社で〇〇として貢献し、キャリアアップを図りたいと考え志望しました 」と回答するのが基本です。

面接官は「 貢献したい 」という言葉から、応募者の活躍する姿をイメージするため、志望動機には是非盛り込むべきでしょう。また、会社の将来性や安定性といった志望動機は、プロパー社員がこれまで築いてきた結果であるため、どうしても他人任せのイメージを与えてしまいます。

40代以降の転職者は、積極的に自ら会社をよくしていきたいという熱意と意欲をアピールするべきです。

志望動機の回答は、「 同業他社のなかでも応募企業だからこそ入社したい 」理由を加えるのです。活躍する自分の姿をイメージして回答すれば、やる気に満ちた表情になり、好感を持たれやすくなるのです。職務経験や退職理由は過去の事実を語るのですが、志望動機はこれからのあたな自身のあるべき姿を積極的にアピールできる絶好の場面なのです。


どうして当社を志望されたのでしょうか?
前職では、派遣会社のコーディネーター兼営業職として勤務してきましたが、派遣先企業は医療系の企業が多く、貴社が認罪紹介会社として医療系に強いことは以前から存じ上げておりました。貴社がキャリアカウンセラーを募集されていることを知り、前職の経験を生かして短期間で戦力となりこうけんできると考えたため、応募させていただきました。
前職の経験を生かして、短期間で戦力となれることを志望動機でアピールすることによって、面接官はあなたが活躍するイメージを持ってくれます。

 


未経験のようですが、志望動機を述べてください?
確かに前職の紙媒体の編集色とは異なりますが、前職勤務中から書籍の電子化を予測し、Web技術について、休日を利用して専門学校で学んできました。貴社の電子書籍担当者の募集を知り、これまで培った編集色の経験とWeb技術の知識を生かして戦力となりたいと考え、応募しました。
未経験の職種であっても、自ら知識や技術を習得していることを、本気度を示すうえでアピールするべきです。

採用される40代の職務履歴の回答はコレで決まり!についていかがだったでしょうか?
最後に要点をまとめておくから、参考にしてください。

・1つの回答は、長くて1分以内
・実績や評価を自慢話のように長々と話す人は特に注意
「 貢献したい 」は、応募者の活躍する姿をイメージできるキーワード
・積極的に自ら会社をよくしていきたいという熱意と意欲をアピール

面接に慣れないうちは、何かと失敗してしまうものです。しかし、場数を踏み、面接ノートで反省しつつ次に臨めば、どんどん面接がうまくなっていきますよ。志望動機も、ウソでもいいので堂々と答える習慣を付けると良い結果が出ますよ。是非試してみてください。転職支援をしている斉藤した。

スポンサードリンク


YUSEI_9V9A5412_TP_V 採用される40代の職務履歴の回答はコレで決まり!
おすすめの記事