40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

「何社応募しても内定が出ない、それどころか面接にすら呼ばれない」と嘆く40代の転職者は驚くほど多いですね。

40代は、転職活動を「営業」業務の一環と仮定して行動することが、成功への近道です。そのなかで、自分の希望する職種を探し自分の条件に近い募集を行っている企業、あるいは自分の希望に近い求人情報を分析する、すなわち最適なターゲットの絞り込みを行います。

その結果、様々な手段で収取したリストは単に漠然とした可能性のある応募企業リストではなく、実際に応募書類を送り付けることができる応募先リストに変化していきます。これは言い換えれば、具体的な営業活動を行うべきターゲットリスト。

このようにして、とにかく可能性の高い応募先を1件でも多く選び出しアプローチしていきます。しかし、この場合も目標値の設定が必要になってきます。

40代は自ら応募ノルマを設定して転職活動を行うべき

67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

営業活動に営業ノルマがあるように、求職活動においても行動の目安となる目標が必要です。

それは「可能であれば頑張る」的な目標では、目標がクリアできているのか否か自分自身で判断ができません。

客観的な判断基準となる数値での管理が、必要になります。

40代の求職活動の場合、例えば最初の応募段階では週20社へのアプローチつまり書類を作成する。次にそれを郵送で応募することが、最低限の「営業ノルマ」と考えるべきです。これはあくまで私の経験値ですが、この数を減らしてしまうと内定の決定までに、より多くの時間が必要になってきます。

また、在職状態での情報収集や送付作業を行う手間を考えると、このレベルを最低ラインにすべきだとも考えられます。

もちろん時間的に余裕のある40代は、これ以上の応募を行っても構いません。

40代が企業へアプローチする方法は直接間接の2通り

転職者が応募企業へアプローチする方法は大きく分けて、間接アプローチ・直接アプローチの2通りです。

さらに間接アプローチは、転職エージェント経由と、転職サイト経由・ハローワーク経由などの2通りに分けられます。

67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし 間接アプローチ( 転職エージェント経由 )
難易度:67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし
破壊力:67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

転職エージェントを経由する応募方法は、最も難易度が高いと言えます。

何故なら、転職エージェントに登録するための第一関門、転職エージェント内部で事前に選考される第二関門が障害にり、なかなか応募先にあなたの情報が伝わることはありません。難易度が高いからといって、転職エージェントにアプローチしないというのは愚策です。

転職エージェントは、いわゆる非公開求人を持っているため、これらに応募すため難易度が高くても積極的にアプローチするべきです。
67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし 間接アプローチ( 転職サイト、ハローワーク経由 )

難易度:67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし
破壊力:67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

転職サイト経由の応募も、40代にとって難易度が高い方法と言えます。

何故なら、転職サイトは企業の採用担当者に代わり応募者のフィルタリングを行うのが主な機能だからです。年・転職回数・一貫性のないキャリアを持つ40代にとって、このフィルターは非常に厄介です。転職エージェントと同じく、応募先にあなたの情報が伝わることは少ないでしょう。
67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし 直接アプローチ( 直接郵送応募 )

難易度:67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし
破壊力:67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

いわゆる応募方法を無視する方法と呼ばれています。

応募書類を印刷して郵送する手間が発生するものの、嫌でも転職者の情報は応募先に到達します。

求人企業が指定する応募方法は完全に無視していきましょう。たとえば、転職サイトの応募は登録フォームの入力が必要になります。ハローワークの場合は、応募に際して「紹介状を同封してください」と指定がありますが、これらは全部無視で構いません。

応募方法は「郵送」のみです。

何も難しく考える必要はありません、封筒に応募書類を入れてポストに投函するだけです。

40代転職者は少なくとも週20件以上直接応募すべし

67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

この数値は基本的には求職者自身の都合ではなく、経験則による最善の行動事例のひとつだと認識してください。

目標達成のために、営業部長が営業マンのプライベートな事情に関わらず、ノルマ達成を至上課題とさせるように、40代の求職者は自分自身を営業部長のような目で眺めて管理していかなければ、厳しい転職活動を乗り越えるのは至難の業になります。

活動のノルマ達成に無関心な営業マンが成績を上げられないのと同様、数値的に管理した転職活動を行わない限り想定した期間内で転職は実現しないと考えてください。繰り返しになりますが、40代の転職は「攻めの姿勢」で、週20件以上の応募ノルマを達成するためには、それ相応の活動量が必要になってきます。

「待ちの姿勢」で週に2,3件応募していては、いつまでたっても内定を勝ち取ることはできません!

不利な条件を抱える40代は営業力で困難を乗り越えろ

67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

企業の求人の思惑と、公にされている求人情報との間にはしばしばギャップが発生しています。

いわゆる転職市場における本音と建前です。

しかし、多くの中高年はその事実を理解しないまま転職活動を開始してしまいます。

40代が転職に失敗して絶望する典型的なパターンが正にこれに該当します。「最初の希望と違う商品を買ってしまう」という行動は、実は本当に求めている商品と最初にイメージした商品とのギャップを営業力で乗り越えて、限られた情報と選択肢の中で商品選択を行おうとしていた顧客に、より本当のニーズに近い商品を紹介するから実現します。

転職活動においても、この行動心理は全く同じと理解してください。

通常、我々企業の人事部門は、経営側からの指示を受け求人活動を行います。この時、人部門の担当者は経営陣から求人広告の文言にある詳細な指示をもらうことはありません。

  • 「製造部門の増強が必要だ」
  • 「検査部門で欠員が生じるので早めに補充するように」

といった業務上の目的に沿って指示が行われるのが普通です。この時、人事部門では「選考の効率性」を深く考慮するための「足きり」条件を必ず付け加えて、より効率的な方法で応募者を募ろうとします。

転職回数と3年未満の勤続年数は、主な足切り事項だと考えてください。

また、支払える年収を考慮して予算範囲の収まるよう、年齢制限を追加していきます。ところが、こうして出来上がった求人情報は、当初経営陣が期待していたものとズレが生じていることがほとんどです。

40代が採用されない理由は費用対効果にあった

67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

40代の求職者を物に例えるなら、経営陣にとっては人材という資源の調達に際しても、他の資源調達と同様に費用対効果が判断基準になります。高くても大きな利益をもたらす一人の人材と、安くても利益があまり上がらない二人の人材が全く同じ費用で得られるのならば、そして期待できる利益が同じだと仮定するのであれば、

ほとんどの経営陣は前者を選ぶのは当然でしょう。

時間と共に人件費は大きくなっていくため、長い目で見れば二人分の費用より、いくら高くても一人分の費用のほうが低いに決まっています。

もっとも、人材は<教育次第で価値を大きく向上させられるため、人材を育てることを優先して、現在の能力は低くとも若い人を雇おうと考える経営者も少なからずいらっしゃいます。

しかし、直接当たってみるまではどちらのタイプの経営者なのか想像でも判断することはできません。

その事実を確かめるためにも、包囲網を広範囲に設定し、より多くの情報を収集したうえで、多くの企業に直接応募し面接に臨むことが必要になっていきます。

40代は転職エージェントにも積極的にアプローチ

67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

どんな大企業が手掛けたとしても、情報が刻一刻と変化し、潜在的な求人まである世の中の求人情報をすべて纏めることは不可能です。転職エージェントには不動産会社との類似点があって、複数の会社が同じ求人を持っている場合、それぞれの企業独自のオリジナル案件を持っている場合もあります。

40代が転職を考えたときに、転職エージェントからお声がかからなくても企業への応募と同じ手法で自分からコンタクトしても何ら問題はありません。この場合はメールでもOKですが、「こんなことをしているようじゃクライアント企業に紹介できない」と思われるアプローチをしても仕方ありません。

但し「できれば紹介してほしい」という姿勢は完全にNGです。

「私は41歳男性で大阪に住んでいて、長年経理職としてキャリアを積んできました。現在、経理職としての更なる高みを目指し仕事を探しています。御社でお持ちの案件情報がございましたら一度面談をご検討くださいませんか?」という内容を書いたカバーレターを付け、履歴書・職務経歴書を添付してアプローチすべきです。

たとえ先方が持っている求人情報とは多少違っても「この人は魅力があるから一度実物を見ておくか」と思わせたらしめたものです。

40代が応募書類をコピペでばら撒くという行動は愚策

67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

あとは企業への応募と同様に、その転職エージェント自体に興味を持っているという内容を書いておくべきです。コピー&ペーストでばら撒くようなものは誰も見ませんよね?

「御社の社長のメルマガは示唆に富んでいて大変勉強になります」という名指しの誉め言葉に、社長は非常に弱いということを覚えておきましょう。

また、なぜその転職エージェントを選んでメールをしたのか、なぜ可能性を見出したのかについても書いておくべきでしょう。私は過去の経歴はどうであれ、「次にお世話になる企業で、数々の戦功をあげる猛者であれ」と40代の皆様に期待しています。

前職において十分な経歴がなかったとしても、その代わりに新入社員として活躍する気構えや、担当業務でめざましい業績を成し遂げる決意があるか?ということ。前任者や周囲の人と同じレベルで仕事をしていては、意味がありません。

それでは単に、頑固で年を食った中高年の社員がひとり増えただけです。

中小企業が欲しい人材とは、例えば万年業界5位だった中小企業を、1位に躍進させる大業績を成し遂げられる人材。それが、数々の選考をあげる猛者なのです。私がいう猛者とは、決してひとりで1000人を相手に戦えと言っているのではありません。

過去数1000人もの、同じポジションの社員が同じミッションに挑戦したが誰も超えられなかった壁を乗り越えられる人材という意味です。

40代の転職支援をしている管理人からアドバイス

67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

40代が、不採用続きなのは自分の市場価値やニーズを把握していないことが大半です。

総務職や企画職など人気職ばかりを狙っていませんか?大企業や有名企業ばかり、応募していませんか?中小企業やベンチャー企業にだって、経験値の高い40代が活躍できるフィールドはいくらでも存在します。

人は自分の範疇でないと中々物事を決められない生き物ですから、我々のような有料転職支援会社に相談するべき。

登録拒否とか門前払いが怖いって先入観で、転職エージェントと関りを持とうとしない40代が多いのですが、その行動は完全に間違っています。

理由を付けて、転職エージェントが持つ非公開求人枠を取りにいかないのは転職そのものを諦めるのと同じです。

転職エージェントは、転職サイトと違い無料で色々お世話してくれます。転職エージェントに出向いて面談しなければならないのが唯一のデメリット。それでも、履歴書類作りやブラシアップを手伝ってくれたり、求人検索の時間が短縮できるという点では、他人任せにして転職活動を進めていきたい40代にとっては頼もしい存在と言えます。

私が最もお世話になったJACリクルートメントは、日本の企業にはないリクルートメント・コンサルタント制を取っています。

これは、企業担当者がキャリアコンサルタントを兼任する形態を取っており、先方の企業風土や採用担当者の年齢だけでなく、性格や好みといった企業情報を詳しく教え、面接対策に威力を発揮します。

さらに、登録から求人の紹介、面接、内定に至る一連の流れが非常に早いのが特徴。

紹介してもらえる求人は、基本的に面接まで進めるためストレスフリー。JACリクルートメントは、キャリアコンサルタントの質が一定ではない、当たり外れがあるといったデメリットがありますが、大手なのでキャリアコンサルタントのチェンジに応じてくれます。

JACリクルートメントから登録拒否されたという話はあまり聞きませんが、登録時に作成するレジュメは空白のないよう心掛けてくくださいね。

当サイトいち押し!
全部コンサルタントに任せたいのならJACリクルートメントがおススメです67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし

企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動まとめ

長くなりましたので、今回の要点をまとめておきます。

  • 40代は自ら応募ノルマを設定
  • 40代は少なくとも週20件以上は応募
  • 不利な条件を抱える40代は営業力で乗り越える
  • 40代が採用されない原因は費用対効果にある
  • 40代は転職エージェントにも積極的アプローチすべし
  • コピペの職務履歴書は役には立たない

私と同じように、一度も営業職を経験しなかった40代にとって自分自身を売り込む行為自体、恥ずかしく思えてしまいます。しかし、激しい採用合戦に勝ち残るためには手段を選んでいる場合ではないことを自覚してください。

人がやらない方法でアプローチすると意外に上手くいくものです。

転職支援をしている斉藤でした。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからJACリクルートメントをおススメします67c7774099088531a074c527091fd764_s 40代転職者は企業へのアプローチを営業ノルマと考えて行動すべし
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう