「 転職エージェントの担当者から連絡が途絶えたんだけど、私はどうすればいいんですか? 」「 こちらからキャリアカウンセラーに連絡するのはマナー違反なのでしょうか? 」と疑問に思っている40代の転職者は意外に多いです。

私も40代でリストラされて転職活動をした際、こちらから定期的にアプローチしていたんですが、「 こちらから連絡するまで連絡は不要です 」とか「 忙しいのでもう連絡してこないでください 」と何度言われたことか。しかも、そういうキャリアカウンセラーに限って案件の紹介はないし、サポートのひとつしていただけない。要は手駒の一人としてキープしておきたいだけなんじゃないの?って何度も思いましたよ。

40代以降の中高年が、本気でなんとしても転職したいと思うのであれば、「 インターネット経由で登録拒否されたとしても、郵送で再度アプローチを試みる 」「 登録後は、少なくとも1週間に1回はこちらからキャリアカウンセラーにアプローチする 」行為は必須条件だと考えていただきたい。

40代は積極的に転職エージェントにアプローチすべし

どんな大企業が手掛けたとしても、情報が刻一刻と変化し、潜在的な求人まである世の中の求人情報をすべて纏めることは不可能です。転職エージェントには不動産会社との類似点があって、複数の会社が同じ求人を持っている場合もあります。そして、それぞれの企業独自のオリジナル案件を持っている場合もあります。

40代以降の求職者が転職を考えたときに、転職エージェントからお声がかからなくても、企業への直接応募と同じ手法で自分サイドからコンタクトしても何ら問題はありません。この場合はメールでもOKなのですが、「 こんなことをしているようじゃクライアント企業に紹介できない 」と思われるようなアプローチをしても仕方ありません。

但し「 できれば紹介してほしい 」という姿勢は完全にNGだと考えてください。

「 私は41歳男性で大阪に住んでいて、経理職としてキャリアを積んできました。現在、経理職として更なる高みを目指し仕事を探しています。御社でお持ちの案件情報がございましたら一度面談をご検討くださいませんか? 」という内容を書いたカバーレターをつけ、履歴書・職務経歴書を添付してアプローチすべきです。

たとえ先方が持っている求人情報とは多少違っていたとしても「 この人は魅力があるから、一度実物を見ておくか 」と思ってくれたら上々です。

1c4126672ab156dc72fbbb0d2569be2e_s 40代は転職エージェントに直接アプローチして勝利を掴め!

40代転職者が応募書類をコピペでばら撒くという行動

あとは企業への直接応募と同様に、その転職エージェント自体に興味を持っているという内容を書いておくべきです。コピー&ペーストでばら撒くようなものは誰も見ませんよね?「 御社の社長のメルマガは示唆に富んでいて大変勉強になります 」というような名指しの誉め言葉に、社長は非常に弱いということを覚えておきましょう。

また、なぜその転職エージェントを選んでメールをしたのか、なぜ可能性を見出したのかについても書いておくべきでしょう。

1c4126672ab156dc72fbbb0d2569be2e_s 40代は転職エージェントに直接アプローチして勝利を掴め!

私は過去の経歴はどうであれ、「 次にお世話になる企業で、数々の戦功をあげる猛者であれ 」と40代求職者の皆様に期待しています。前職において十分な経歴がなかったとしても、その代わりに新入社員として活躍する気構えや、担当業務でめざましい業績を成し遂げる決意があるか?ということなのです。

前任者や周囲の人と同じレベルで仕事をしていては意味がありません。それでは単に頑固で年を食った中高年の社員がひとり増えただけです。

中小企業が欲しい人材とは、例えば万年業界5位だった中小企業を、1位に躍進させる大業績を成し遂げられる人材です。それが数々の選考をあげる猛者なのです。私がいう猛者とは、決してひとりで1000人を相手に戦えと言っているのではありません。

過去数1000人もの、同じポジションの社員が同じミッションに挑戦したが誰も超えられなかった壁を乗り越えられる人材という意味です。


40代は転職エージェントに直接アプローチして勝利を掴め!いかがでしたか?
では、最後に今回の要点をまとめておきます。

・40代は転職エージェントに積極的アプローチをすべし
・コピペの職務履歴書は役には立たない

私と同じように、一度も営業職を経験してこなかった40代にとって自分自身を売り込む行為自体、恥ずかしく思えてしまいます。しかし激しい採用合戦に勝ち残るためには、手段を選んでいる場合ではないことを自覚してください。人がやらない方法でアプローチすると意外に上手くいくものです。

キャリアカウンセラーにウザいと思われても、定期的なアプローチは辞めないでください。「 真剣な人だな 」と思われるか、「 ウザい 」と思われるかのどちらしかありませんが、登録しっぱなしよりかはインパクトを与えることができます。是非一度試してみてください。転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


1c4126672ab156dc72fbbb0d2569be2e_s 40代は転職エージェントに直接アプローチして勝利を掴め!
おすすめの記事